世界一の登り窯、飛龍窯























 世界一の登り窯、飛龍窯は武内町黒牟田にあり、その大きさは、高さ3.4メートル、幅8.9メートル、全体の長さは23メートルで容積は345立方メートルあり、湯飲みなら一度に12万個焼くことができる。飛龍窯の周辺は竹古場キルンの森公園で、絵付け、手びねり、ロクロなどが体験できる工房がある。 毎年2月中旬、TAKEO世界一飛龍窯祭りが行われます。 全国の陶芸愛好家の火入れ、窯出しや竹古場一帯で1000個以上の灯籠に火が入る情景など、毎年賑わいを見せています。